スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

みみずくレポート 第四回、疱瘡絵に登場するうさぎについて

みみずくレポート 第四回、疱瘡絵に登場するうさぎについて

疱瘡絵に良くみみずくとともに登場する、うさぎについてまとめていきます。


●うさぎと疱瘡が結び付けられた理由

①目の赤さから

   →疱瘡により生じる赤の発疹や、魔除けのシンボルカラーである赤に通じる


②疱瘡の守護神として知られた鷺大明神の『鷺(さぎ)』は、うさぎが略されたという説があるから

③うさぎの血肉、排泄物が、疱瘡に効くとされたから


●うさぎによる様々な治療法●

●疱瘡が目に入り、失明する危険性への対策

①うさぎの分を細かく粉末にする
②それと同僚の番茶と合わせる
③水で溶き、目の洗眼薬とする

参考資料 『疱瘡まじない秘伝集』 橋本静話 1803年


●うさぎの血と肉の服用は、治療あるいは予防に効果がある

参考資料 『和漢三才図会』

●うさぎを使った妙薬

①12月8日の正午にウサギを刺す
②血を摂取し、そこから丸薬を作る
③子の年齡の数だけ服用させる

参考資料 『小児必要養育草』

●発疹のかゆみ対策

うさぎの手、足で、患部を撫でる

===============================

次回は、みみずくとうさぎの共通点についてまとめます


ミミズコレポートは、以下の本を参考にしています。
様々な浮世絵とともに、みみずくについて、大変詳しくかかれています。
ご興味のある方は、ぜひご購入ください。

参考文献

浮世絵のなかの江戸玩具 : 消えたみみずくだるまが笑う

藤岡真里子著

==============================================

私のホームページです。のぞいてみてください(ノ´∀`*)
江戸張り子で有名な、犬張子を製作、販売しております。
はりこのはやしや ホームページ

当店のネットショップです。
はりこのはやしや ネットショップ

ツイッターしています。



スポンサーサイト

みみずくレポート 第三回、疱瘡絵の形態と使われ方

みみずくの玩具を調べていくのに重要な絵画の分野、疱瘡絵について、ここでまとめておきたいと思います。




みみずくレポート 第三回、疱瘡絵の形態と使われ方

主に包装患者への手頃なおみやげとして購入された疱瘡絵。

赤一色の一枚絵のみならず、疱瘡に関する絵、全てを『疱瘡絵』と呼ぶ。



●様々な形態の疱瘡絵

 ・菓子袋として

・疱瘡患者が主に子供であったことから

・菓子の種類は主に軽焼(かるやき)という煎餅=病が軽く住むようにという願い

    または、真っ赤な鯛の落雁

・菓子袋だけあげたり、菓子袋だけ切り開き、一枚の絵として使った。

・赤一色、または多色刷りの木版

・印刷が凝っているものは、中身の菓子の他に袋代も取った。



・『疱瘡絵本』として

・子供が病床で読むことが目的の、絵本

・擬人化されたみみずく、達磨などの玩具、源為朝、金太郎など
                ↓
        疱瘡除けとして知られた者達が登場する




・わいわいがやがやとした感じの、わかりやすい子供向けのストーリー展開

・菓子袋同様、ページを切り取り、一枚絵として見舞いの品とされたれた例もある。

参考文献

浮世絵のなかの江戸玩具 : 消えたみみずくだるまが笑う

藤岡真里子著
==============================================

私のホームページです。のぞいてみてください(ノ´∀`*)
江戸張り子で有名な、犬張子を製作、販売しております。
はりこのはやしや ホームページ

当店のネットショップです。
はりこのはやしや ネットショップ

ツイッターしています。






みみずくレポート 第ニ回、疱瘡絵とみみずくの関係について

みみずくの玩具を調べていくのに重要な絵画の分野、疱瘡絵について、ここでまとめておきたいと思います。




第ニ回、疱瘡絵とみみずくの関係について



疱瘡に関する絵画資料は、総称して疱瘡絵と呼ばれている。

●疱瘡絵に登場するもの●

・八丈島の疫神を退治したと言われている源為朝

・金太郎 ・桃太郎 ・達磨 ・みみずくの玩具

・狂文、狂歌などの文字

●特徴●

濃淡の赤一色ですられたものが多い。このことから、疱瘡絵は『赤絵』とも呼ばれている。

                    

             なぜ赤なのか

●疱瘡時、体に出る色が赤色であると軽症、黒色であると重症であるという、当時の認識から、
 赤色=良い色とされた。

●大昔からの魔除け一般の色⇒赤であった

●発熱により生じる赤に対し、同じ赤を用いて戦う『類似療法』の発想


●赤を用いた治療●

江戸時代の医師、香月牛山による、『小児必要養育草(しょうにひつようそだてぐさ)』(元禄16年)巻4の

痘病の病人、居所(をりどころ)しつらひやうの説に、痘病(疱瘡)患者が出た場合のしつらえ方が

こう記されている。

現代語訳
『疱瘡の病人が出たら、寝室をキレイに清掃し、屏風を立て回す。

その屏風に赤い衣類をかけ、疱瘡にかかった子供には赤い衣類を着せ、

看病人もみな赤い衣類を身につけること』

参考文献

浮世絵のなかの江戸玩具 : 消えたみみずくだるまが笑う

藤岡真里子著
==============================================

赤い色と疱瘡絵、それに描かれた赤いみみずく…だんだんと、みみずくの玩具と江戸の人々との関係がわかってきました。

次回は疱瘡絵がいかに人々の身近で使用されていたか、まとめていきたいです。


==============================================

私のホームページです。のぞいてみてください(ノ´∀`*)
江戸張り子で有名な、犬張子を製作、販売しております。
はりこのはやしや ホームページ

当店のネットショップです。
はりこのはやしや ネットショップ

ツイッターしています。

みみずくレポート 第一回、みみずくと疱瘡

こんにちは、伝統の江戸張り子の作家、林史恵です。

現在、新作、江戸時代のみみずくを鋭意復刻中なのですが、

それにともなって、みみずくに関する本を読んだりして猛勉強中です。
このブログでも、何回かにわたって、私の学んだことを記事にしていきたいと思います。

気長にお付き合いいただけますと幸いです。

第一回、みみずくと疱瘡

江戸時代、みみずくは、疱瘡除けのまじないの玩具として

主にだるまと対になって、人々の身近に存在してきました。

玩具を疱瘡除けとしてきたのは、主に疱瘡にかかるのが、子供であったことからです。


1980年、疱瘡は、WHOによって、地球上からの根絶が発表されました。

そして、みみずくも、疱瘡と運命を共にしました。

現在では、その存在自体が忘れ去られています。

それに対し、だるまは、必勝祈願のシンボルへと商売替えをし、生き残っています。



参考文献

浮世絵のなかの江戸玩具 : 消えたみみずくだるまが笑う

藤岡真里子著




==============================================

私のホームページです。のぞいてみてください(ノ´∀`*)
江戸張り子で有名な、犬張子を製作、販売しております。
はりこのはやしや ホームページ

当店のネットショップです。
はりこのはやしや ネットショップ

ツイッターしています。

ご注文いただいております犬張り子、続々完成してきております!!!

ご注文いただいております犬張り子、続々完成してきております。

偶然にも今回製作した三体とも出産祝い。前掛けには、赤ちゃんの名前が入っています。
20141220 (3)

20141220 (2)

20141220 (1)

製作と育児が忙しく、最近はブログを更新しておりませんでした。
コメント欄のご質問等にお応えできず誠に申し訳ございません。

時間を作って少しずつ、返信させていただきます。
よろしくお願い致します。

そして今日はこのあと、江戸初期の復刻犬張り子、菊模様の絵付けを開始いたします。

一体ずつ、丁寧に制作していきたいです。

はりこのはやしや 林史恵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。