fc2ブログ

土鈴の街、栃木県佐野市で制作されたと思われる豆五猿

最後に追記をさせていただきました。とても大事な情報です。

こんにちは、張り子作家、林史恵です。

今日は以前、郷土玩具の会にて発見した、可愛らしい猿の土人形のレポート致します。
それがこちらです。”豆五猿”というそうです。

mamegosaru (1)
この玩具が入っていた箱には、“佐野”と表記されていたことから、土鈴で有名な、栃木県佐野市の土人形であると思われます。情報をお持ちの方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。それにしても可愛いですね。

mamegosaru (2)
白い猿のバージョンもありました。
癒されます。


どなたが制作されたのか、申し訳ないことによくわからないのですが、いつも参考にしている資料を読んでみると、佐野市では、お二人の土人形職人がいらっしゃるそうです。この豆五猿を作ったのもお二人のどちらかと思われます。

相沢一太郎氏

明治三五年生まれ。片柳喜一郎氏を師として、18才(大正9年)で、雑貨、土鈴の店を創業しました。
土鈴の種類は250種(佐野赤天神、出世俵鈴、龍神風神鈴など)に及び、その他、鳩笛10種、八朔人形の京人形や、馬乗り大将など、種々あります。

相沢氏が子供の頃、近所に箱庭(※)を作る家があり、学校から帰るとその家へ手伝いに行ったのが、土鈴の道の始まりでした。大正の中頃から独立をして、箱庭の道具制作をはじめ、土鈴は昭和の初期に作った、唐沢山神社の俵鈴が第一号だと言います。


(※)箱庭とは
小さな箱に土を盛り、山や川を作り、草木や石などを配し、山水や庭園の様を模して鑑賞するもの。
その道具の家や橋、船などのミニチュアは、粘土で焼いて作られていた。

山口壬三(ていぞう)氏

山口壬三氏の制作される土人形は、堀米人形と呼ばれています。元々、壬三氏の父、安太郎氏が、佐野市内の堀米で土人形をつくりだしたことから、そう呼ばれています。

山口安太郎氏と、先に紹介した相沢一太郎氏は幼馴染みであったそうです。
相沢氏は箱庭の道具職人から土人形職人になったのに対し、安太郎氏は京都の清水で修行をして人形師の道に入り、各地を転々としたのちに、佐野へ戻って堀米人形を作るようになったといいます。

そして、二代目、壬三氏は、父、安太郎氏の仕事を見よう見まねで覚えていましたが、父の没後、博多へ人形作りの修行に出かけ、昭和26年、佐野へ帰り、土人形制作をはじめました。

そのため、同じ堀米人形でも、父、安太郎氏は清水系、壬三氏は、博多系の人形を制作されるのだそうです。



相沢一太郎氏の作風に対し、山口壬三氏の作風は、小型なものが多く、丁寧な彩色が特徴なのだそうです。このように小ぶりな形で繊細なものを土鈴にするのは、大変な手間なのだそうです。


-----------------------------------------------追記(重要!!)-----------------------------------

記事にした後、大変ありがたいことに、親しくしていただいているΩ社様という方から、早速情報をいただきました。
貴重な情報を本当に有難うございます!!

いただいた情報はこの二つ。

●豆五猿の製作者は、相沢一太郎氏であるということ

●まめでござるという言葉に、“豆”“五”“猿”という字をあてた洒落を、実際に相沢氏が形にしたということ

製作者は相沢氏の方だったのですね。また、このおサルたちの名でもある“豆五猿”という響き事態が、洒落であったということも解りました!

Ω社様は、架空広告や架空民芸品を手がける若手の職人さん。可愛らしいこけし達や、起き上がり人形の起き上がりえぼし、今年のへび年にちなんだお巳くじなど、キラリとセンスの光る、楽しくて繊細な作品を数多く手がけていらっしゃいます。

HAND MADE IN Ω社


参考資料

全国郷土玩具ガイド〈2〉全国郷土玩具ガイド〈2〉
(1992/06)
畑野 栄三

商品詳細を見る




私のホームページです。のぞいてみてください(ノ´∀`*)
江戸張り子で有名な、犬張子を製作、販売しております。
はりこのはやしや ホームページ

当店のネットショップです。
はりこのはやしや ネットショップ

ツイッターしています。

管理者にだけ表示を許可する